« その後のピキちゃん | トップページ | 長年のあこがれ »

2009年11月 5日 (木)

避けるべき話題に挑戦!

 政治と宗教の話はしてはいけない、といいますが、政治はともかくあたしゃ、宗教関係の話が好き。

 宗教とか信仰というより、その人が何を信じてるのか、に興味があります。
「無宗教」、というのはわかります。日本には結構こういう人多いん違います?

 でも「無神論者」、というのはなんか友達になりたないなぁ。人間より上のものは何もない、というヒトはちょっと怖い。

 で、疑問に思うのは「無神論」の人は自分の愛する子供や家族が大けがや大病で、命が危ない、というとき、どうしはるんでしょう?
 あたしなら、「神様、どうか助けて下さい。」とか(仏様でもいいんですが、)祈ります。
 そういう人たちは「森羅万象よ助けて下さい。」とも言えないでしょ?そもそも「助け」を乞うにはその対象がいるわけですから。
 とすると、これも運命だ、と思われるのでしょうか。
 でも「運命」ってのもなんか人間でないものの、気配がするし・・・

 むかし、「人は死ねばゴミになる。」と言った人がいましたが、それはそれですっきりしてますが、あたしは小心者なので、せめて「来たところへ帰る」と考えたいですね。
 死後の世界なんかない「無」だ、というのはらくちんそうで、それでもいいです。

 でももしなんらかの世界があったらエライこっちゃ、とおばはんは、クモは殺さないようにしています。
 そう、地獄の血の池に落ちた「カンダタ(漢字が出ない!)」みたいに、クモに糸垂らしてもらわんと。それも一本や二本では話になりません。
もう数百匹は助けたと思うので、いかにクモの糸とはいえ、もうロープなみの太さになってるはず。
 そやけど、あたし懸垂も出来ひんしなぁ・・・
できたら縄梯子ふうにアレンジして降ろしてもらえへんやろか?

 これから子供さんをどこの幼稚園に入れようか、と考えているお母さん、お父さん、宗教系の幼稚園をお考えなら、よーくよーく考えて下さいね。
 子供の心は出来たてでふにゃふにゃに柔らかいから、ものすごく影響受けますよ。

 ウチはお仏壇もあり、神棚もあり、クリスマスもする、というごく平均的な家庭でしたが、母が評判がいいから、とあたしをキリスト教系の幼稚園に入れたので、未だに引きずっております。どっちつかずでふらふらしているので、確固たる信仰を持ってる人がうらやましいです。

 でもまぁ、その人が信じていることを尊重する、というのが出来ればそれで、よし、としましょう。
 神道の式典に参加するのなら、お作法通りにして、仏教も各宗派がありますが、そのときも、それにふさわしく行動する、というのがその方に敬意を表す、ということでしょうからね。

 今回面白くなくてすみません。次は「笑い」のとれるネタにします。

« その後のピキちゃん | トップページ | 長年のあこがれ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

おば関さん こんばんは。

とても 興味深く読ませて頂きました。
私などは、「宗教」を考えると「日本人で良かった!」って
思ってます。(いつも 文句多いのですが・・・笑)
だって 世界中での大喧嘩の原因の多くは唯一絶対神が違う為
起っていますものね。私達は普通に「神さん」「仏さん」も
一緒に頼り、クリスマス 初詣の参加にも誰からも怒られません。
「無神論」も、1つの「宗教」なのかもなんて??思ったり
します。

「あの世」には六文銭を持って機嫌良く川渡りしたいものです。
ささやかな、平均的日本人の信仰ですね。happy01

おば関さん、おはようございます。
初めてのコメントですが、思った部分だけ書きます。
私は昔、訳も分からず”無神論者”と思ってましたが、今は”無関心論者=神を理解出来ていない”としています。
父は、神はいなくても(信じなくとも)自分が生まれるのには、父母。祖父母がいた。これだけは事実と。故に先祖を大切にしなさいと云いました。今でも、月に2回はお墓参りに行ってます。お墓で先祖に報告する気持ちが私の神様に似た感覚です。
私も20年程前、伊藤栄樹の”人は死ねばゴミになるー私のがんとの闘い”を読みました。内容忘れたので、もう一度読み直してみます

でこぽんさん、アッちゃんさん、あたしも含めてまさに「日本的」ですよね。寛容といおうか、エエ加減と言おうか。
 それでええんちゃうかなぁ。人が違う宗派やからゆうて、殺さんでもいいのにね。ウチの母は三途の川はバタフライで渡ってみせる、と言っているので、お棺にはゴーグル入れとかんと。

こんにちは、おば関さん。
私もなんでも受け入れる、そしてうまく融合させる
日本に生まれてよかったです。
どうして、信仰が政治に利用されるのか。
どうして、信仰ゆえの戦争が起きるのか。
さっぱりですが、そんな国に生れつかずただただよかった
と安堵しています。
(人はこれを無責任と言うかもしれませんが)

三途の川をバタフライで!とおっしゃっているお母様。
素晴らしいではありませんか!
でも、三途の川って深さどれくらい?
どーでもいいことに気持ちが行っちゃいました。
ちゃんちゃんhappy02

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« その後のピキちゃん | トップページ | 長年のあこがれ »

最近のトラックバック

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ