« 深刻化する老人問題 | トップページ | ま、孫? »

2010年3月24日 (水)

おばはん器物損壊

 しばらく前から、ウチのお台所の蛇口が、調子悪いなぁ、と思ってたんです。水とお湯の混合水栓なんですが、水からお湯へ、またその逆へ、と回すのがなんかグラグラで。
 もう!どうなってんの!と思いきりひねったら、蛇口のレバーがボコッと・・・・
取れちゃった・・・・壊しちゃった・・・・なんという馬鹿力。と言うかおバカ。

 しかもお湯が出っぱなし。レバーがないから止めようもない。


しかたがないいので、ドライバーやペンチ、アイスピックにキリなど、いろんなもので、蛇口の中を探って、なんとか止めることには成功。
 でも翌日は休日。水道屋さんに来てもらうのは、休日明けに。
 いやぁ、気にもしてへんかったけど、お台所にお水が出ないのって、すごく不便!
 洗面所で洗い物って、やりにくいよー。
なるべく洗い物が出ないように、その日は買ってきたモノで凌いだのですが、一食なら「わー手抜き出来るー。」と嬉しいのに、3食はつらい。
 あたしはごはん作るのは好きなので、(食べるのももちろん好きやけど)苦しい一日でした。

 結局新しいのに付け替えてもらい、ピカピカの新品に。
我が家のはもう24,5年前のだったので、レバーを下げて水を出し、上げて止める、というもの。
  阪神大震災以降のは、その逆で、上げて水を出し、下げて止める、というようになってます。

 おかげでこっちは大混乱。何回水を止めようとして、バシャーッ!とはね散らかしたか。慣れるまで、しばらくかかりそうです。

      おばはんがもいじゃった、蛇口のレバー。

001_2

わーい、新品だ!ちなみに、緑色のカエルは食器用洗剤を入れるケロちゃん。

002

おばはんはケチなので、洗剤を薄めて使ってます。

« 深刻化する老人問題 | トップページ | ま、孫? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

おば関さん、今晩は!
水道の蛇口が壊れても、取り敢えず自分で直してみる姿は私の奥さんそっくりです。私は電球が切れても電気屋さんに電話したらと全く役に立ちません。(昔はそんな電気屋さんがいましたね!)洗剤を水で薄めよとしたらフタが空かず諦めたり最低の主夫です。扇風機の組み立て他、電気&工具関係は全てご主人様(奥さん)の担当です。これで、うまくいっているのですかね??

いやぁ~、知りませんでした。おばはんのとこは女所帯なので、あー、男手があったらなぁ、と思うことがたびたびあります。重いものを動かしたり、脚立に乗ってする仕事とか。電気関係もそうです。男の人はみんなそういうの得意なんだと思ってました。
 よく考えると、ウチの父親も力仕事はともかく、ヒューズひとつ(今はブレーカーで簡単!)よう直さんと、母がやっていたような・・・男の人=機械関係得意、というのは男の人=運転が上手、というのと同じで、あたしの勝手な先入観だったんですね。
 ともかく、家族の中で、一番デカくてちからも強いおかげで、大工仕事も上手になりました!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 深刻化する老人問題 | トップページ | ま、孫? »

最近のトラックバック

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ