« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

2010年6月

2010年6月24日 (木)

おばはんはスポーツ音痴

 自慢じゃないけど、あたしは立派なスポーツ音痴です。
初めて真剣にラグビーの試合をテレビで見たとき、選手が団子状態になった中から一人飛びあがってボールをキャッチする選手を見て、
 「さすがに身体を鍛えてるアスリートは違うなぁ。90キロくらいはありそうやのに、あのジャンプ力!驚異的や!」とたいへん感動いたしました。Photo_5

 で、こんなおバカにはよくしたもので、スポーツに詳しい友達がちゃんといて、彼女にそう言うと、
 「・・・・あれはな、回りの人が持ち上げたはるの。」
と、教えてもらいました。

 ふ~んそうか、感動してソンした。

 次はサッカーの試合を見てて、また疑問が。で、「なあ、Yちゃん、ふつうボールがあたったら、跳ね返るやん?なんでこの人らは胸にあたったボールが跳ねかえらんと足元に落ちるのん?サッカーボールってあんまり弾まへんの?」と聞くと、
Photo_4  「・・・・あれはな、練習して足もとに落ちるようにしたはるの。」

ふ~ん、あたし初めてサッカー見たとき、「そんなにボールが欲しいんやったら、おばちゃんがみんなに1個づつ買うたげるから!」と思ったんやもん。

 でも、そのあたしを超える人がいました!
ウチの母です。サッカーワールドカップを見てて(テレビでスポーツ見るのは好きなんです。)「あー、また審判がイエローカード出したはる。あんなしょっちゅう出してたらなくなってしまうやん、なぁ?」Yellowcard2 Redcard2

おーほっほっほ、いやだわ、お母様ったら。あのカード渡してると思ってらっしゃったのね。あれは見せるだけだから、減らないのよ。

・・・そうやんなぁ、Yちゃん?2枚しか持ったはらへんよなぁ?

誰か!このスポーツ音痴なんとか治る方法ない?!

2010年6月17日 (木)

おばはん3分間クッキング

 前回のストックホルムで買って来たパンケーキミックスを使ってみました。
なにを隠そう、おばはんはお料理、お菓子作りが大好きです。
 ふだんは、「ミックス粉」なんて、インスタントさ、と使いません。
クッキーでもケーキでも、粉からお砂糖からすべて吟味して、一から作ります。
(バターのいいのを使うのがカギやと思うね、あたしゃ。)

 でも、これは初めてやし、レシピがわからないので、ミックス粉で挑戦!

Photo

ああ~っ!はなっから大問題が!
スウェーデン語しか書いてないやんか!せめて英語もつけてよ。こうなったら、数字だけがたよりやわ。

001

度量衡がメートル法なので、助かるわ。1キロと2リットルだけわかる。
ということは、250グラムの粉に対して500ccのお水でええんやね。
003              作り方の写真のどこにも卵がでてきて
ないので、これだけで作ってみます。

 それと、バターもしくはマーガリンで
焼け、というのはなんとなくわかる。

 500ccのお水で溶いたら、なんか
しゃぶしゃぶで、なんのとろみもない。

ほんとにこんなんで焼けるのかなぁ

普通パンケーキの種っていったら、
もっと濃くて粘りのあるもんやけど。

 ま、失敗してもええわ。やってみよう。
フライパンにバターを溶かして、種を流し込みます。

004

おお~っ!それらしくなってきた!でもこれは私達の言うパンケーキじゃない。
これはクレープだ!
 そう、スウェーディッシュパンケーキとは、クレープに近いものだったのです。

 以前、サンフランシスコで「ここはスウェーディッシュパンケーキが有名よ。」と教えてもらって食べたのは、いわゆるホットケーキの薄いかんじのパンケーキだったのに、ストックホルムで食べたのはパンケーキと薄っぺらいクレープの合いの子みたいでした。そしてパッケージに載ってた写真のとおり、本体には、甘味はほとんどないので、ハムやベーコンなんかのせて、デザートじゃなく、食事としても食べはるんでしょうね。
 一緒に買って来た「リンゴンベリー」(こけももです。)のプリザーブ(これもあんまり甘くない。どっちかというと酸っぱい。お肉料理にも添えはるしかな。)と、メープルシロップをかけて食べると、なかなか美味しく、家族にも好評でした。

005

正直、ノーベル賞博物館のカフェで食べたのには負けてますが・・・・

Photo_2

あたしみたいな、外国人の「おばはん旅行者」もけっこういはるやろし、スーパーで、「お好み焼きの素」とか買って帰らはる人もいはるでしょうね。

 「もんじゃ焼の素」を買って帰らはった人はどうしはるんやろ・・・・
いつまで焼いても固まらへんで・・・・

2010年6月 6日 (日)

おばはん in  ストックホルム

 5月の第4週に家族でストックホルムに行って来ました。
母80歳、姉55歳、あたし52歳の三婆旅行です。

 おばはんはストックホルムが好きで4回目なので、今回は添乗員さんです。
前回2,3年前にいったときはフィンエアーのあまりのボロッチさに、二度と乗らんぞ、と決心したのですが、関空からストックホルムまでの直行便はなく、(前はSASがあったのに、撤退しちゃったのよねぇ。)またもやフィンエアーで、ヘルシンキ乗継です。
 ところがおお~っ!フィンエアー、最新機種だ!どこも新しくて気持ちいい。座席の前にこんなハンガーかけまでついてます。でも、エコノミーは狭いからどうせ使わへんけどね。

001

 映画も本数が多くてとても見切れません。ここのところチェスにハマってるので、ずーっとチェスしてました。                   

002_2
ちょっとしたハプニングがありました。
 ヘルシンキのバンター空港では、乗継に1時間以上あったので、楽勝、と思っていたら、一度に飛行機が3機着いたそうで、入管がものすごい込みよう。
 おまけに、あたし達の並んだブースのPCが不調だそうで、前へ進みません!
 こういう日本人旅行者の多い空港にはたいてい、日本人の係員がいるので、その人に、「もうボーディング始まってるんですけど、大丈夫でしょうか?」と相談すると、「これはきびしいですね。普通に歩いて15分かかるので、入管出たら走って下さい!」とのこと。

 あのね、母は80歳なんです。おまけにおばはんは相撲部屋からスカウトがきそうな体形なんです。走れません!
 でも乗り遅れるわけにはいかない!「お母さん!走るで!」と母の手をひいて、走った走った。
 それにしても、なんでこんな離れたゲートにすんのよ!ターミナルの端っこから端っこよ。乗継便なんやから、もっと近いゲートから出るようにしたらええやん!
 ベルトコンベアーの動く歩道もないし、電気カートもないし、おばはん、生まれて初めて空港で名前をアナウンスされました。「ミズ、○○、×番ゲートへお越しください。」って。

 もちろん、向こうのミスで連絡はいってたから、ちゃんと間に合いましたけどね。機内に入って行くとき、なんか、みんなに、白い目で見られているようで、心の中で、「あたしのせいちゃうし!パソコンがトラブったんやし!」と言い訳してました。

 そのあとは幸い何も困ったこともなく、(道に迷ったり、間違ったバスに乗ったりするのは「困ったこと」のうちには入りません。)楽しい旅行ができました。

街でしょっちゅう見かける大きな木。
花をいっぱいつけてます。
ほとんど3階くらいの高さの
巨大な木です。名前がわかりません。
029

 

花のアップ。
これが芯に赤が入って
て可愛いの。
037_2

003

ホテルはあたしの好きないつも泊まるところがあるんですが、中心からちょっとはずれているので、今回は家族が移動しやすいように、駅前にとりました。
 抜群のロケーションのせいでしょうか、4つ星なのにこの狭さです。
3人なので、2部屋とり、変わりばんこに一人で寝ます。
 熱いお湯もじゃんじゃん出て、排水も早いので、まあ、オーケーです。

 ホテルのすぐ裏には教会が。広々と敷地をとってあって、気持ちのいいところです。005

 ノーベル賞の晩餐会とダンスのおこなわれる市庁舎。
中は見学できます。ダンスホールの壁は一面純金箔のモザイクで装飾されてます。
全部合せると10キロだって!021 本当にきれいな街です。010                     

 

                             

                           向こうで食べた美味しかったもの。
総体的に塩がきつくて、「しょっぱぁ~。」というのが多かったけど、この2つは美味でした。                    ノーベル賞博物館のカフェのパンケーキ。スウェーデンの家庭料理が売りのレストランのサーモンマリネ。

013 022    

  

例によって、おばはんの大好きなスーパーマーケットでめずらしい食材買って来たよ~。

 今回初めて明るい北欧、というものを経験しました。
 いつもは、航空運賃が安い晩秋とかにしか行かないから、びっくり!夜の10時ころになってようやく暗くなってきます。朝は3時半にはもう薄明かりが。
 みんな必死になって、太陽の光を浴びようとしてるみたい。
紫外線は浴びたらアカンのに!と叫びそうになるおばはんでした。

 母に今度の旅行で、何が一番印象的やった?と聞いたら、
「ヘルシンキの空港で死に物狂いで走ったこと。」・・・だそうです・・・・

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

最近のトラックバック

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ