« すすき、って買うよね? | トップページ | 美しい日本の四季(副題 ええかげんにしようよ) »

2010年10月14日 (木)

秋だ!

 あー、待ってたよ、秋。maple
もう今年は来ないつもりかと思ってた。まぁ、秋にしてはまだ暑いけど。

 出ました丹波栗!

秋は美味しいものがたくさんありますね。
きのこ類、さんま、新米、最近は季節に関係なく、いつでも食べられるものが多いけど、旬のときしか手に入らないものもまだあります。
 生栗もそのひとつ。(松茸は論外ね。丹波松茸なんか食べたん、20年は前やわ!)

 で、栗はそのまま茹で栗や焼き栗にしたり、栗ご飯、栗おこわもいいな。
生のままでは上手に保存できないので、毎年栗の渋皮煮にして保存します。

 作るのが面倒くさいので少しだけやけど。
友達に失敗のないレシピを教えてもらったので、2,3年は忠実に守って作ってたけど、だんだん自分好みの味になってきて、ブランデーやラム酒をどばどば入れるんで、マロングラッセ寄りになってます。

 コツは鬼皮を剥くとき、絶対渋皮に傷をつけないこと!
これだけです。

 あとは重曹をいれた水で茹でてアク抜きして、水で洗う、というのを3回します。

おばはんは、「横のものを縦にもしない。」というあっぱれな性格ですが、お台所に立つのだけは苦にならない、という因果な性分。

 我ながら、「なんでわざわざ太る努力をするのかなぁ。」といぶかしながらも、今年も作りました。

002   

 

3Lサイズのを買ったのに、大きさが
ばらばら。
どうみても小さいのは皮を剥くのが面倒なのでよけておきます。

001_2

 

出来あがったばかりの渋皮煮。
まだ美味しくありません。
シロップに漬け込んでおいたほうが
だんだん味がしみ込んでより美味しいです。

« すすき、って買うよね? | トップページ | 美しい日本の四季(副題 ええかげんにしようよ) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

う~ん。美味しそう。
私、シロップに漬け込む前でいいので食べたいです。

「お台所に立つのが苦にならない」
なんてすごい人なんだ!

私は、「食卓に座るのは苦にならない」ですね。
(誰でもそうでしょうけれど)
おば関さんのご家族は幸せ者ですね。
うらやましぃ~~~~happy02

kiramamaさん、ウチの家族にはまた別の意見があるようですよ。
ひところエスニック料理に凝ったときは、「たまにはフツーのごはんが
食べたい・・・・」て言われたし・・・・
あたしは下戸なのに、お菓子には洋酒wineをダバダバ使うので、後で
自分で食べて酔いそうです。ng

おば関様

お久しぶりです。lovely
待ちに待った秋なのに もうちゃんと 朝晩寒く感じたりするので 我が家では夏物もかたずいていないのに そろそろ冬仕度 模様替えしています。

栗の渋皮煮とてもおいしそうに きれいにできてると感心しています。
私は今年は良い栗が 手に入りませんでした。せっかく手間かけてするのならって思ってる間に 栗にお目にかからなくなりました。でも私は鬼皮剥くのが苦手です。
うちの 秋の味覚はサンマかな!!

ミーヤドッグさま、今年は丹波栗がすごく不作だそうです。
我が家も「愛媛産」の栗も買って栗ごはんにしましたが、
そっちのはうが美味しかったです。
「丹波」ブランドよ、あかんやんか!
鬼皮は一日水に漬けておいて、おしりのとこを包丁でちょっとだけ切って
あとは大きな「とげぬき」(ウチではもっぱら魚fishの小骨を取り除くのに使ってますが。)で鬼皮をはさんでめくるようにすると簡単ですよ。
あ、そうか、ウチは3人家族なんで、少しでいいんですね。
 ミーヤドッグさんのところはご家族がたくさんいらっしゃるから
栗ごはんするにも、大量に剥かなくては!
 お茶碗一杯につき、栗一粒ではねぇ・・・・(ノ_-。)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« すすき、って買うよね? | トップページ | 美しい日本の四季(副題 ええかげんにしようよ) »

最近のトラックバック

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ