« 神秘の国高千穂二泊三日 前編 | トップページ | マダム in 有馬 再び »

2012年10月26日 (金)

神秘の国高千穂二泊三日 後篇

 さぁ、ここに来たかった、「高千穂峡」

「これからしばらく階段が続きます。お足もとに注意して下さいね。」
というガイドさんの注意。
 凸凹してるし、枯葉や土が濡れてるし、こんなところでコケたらシャレにならん!と用心しましたよ~。

 階段、と聞いて「重力さん」と果てしない戦いを繰り広げているおばはん。「え~っ!wobbly」と思ったら、降りるのでした。

そう「峡谷」の底に向かって降りて行くの。ほほほ。楽でございました。

いやぁ、聞きしに勝る絶景!ごめんねぇ。こんな写真で・・・・・

066_2 12_2

急な 流れのところどころに丸い穴が開いてるのわかるやろか?
「甌穴
おうけつ」というそうです。岩盤の穴に入った小石が渦巻きによって岩盤を削ったんだそうです。
そりゃまぁ、「点滴石を穿つ」くらいやし、こんなこともあるやろ。

13

もの凄い 絶壁。地層というか、岩盤がなぜこんな斜めに?
地質学でもやってる人に説明してもらいたい。

N

川 に架かる橋。上に新しいのが。下のはもとからある古いの。

M

渓谷の底に向かってどんどん降りて行きます。杖をついたお婆様も、なんとかついてきはります。ご苦労様sweat01

15

出たっ!大好きな滝やぁ!ほんとに神秘的。

B

このボートに乗りたかった・・・・・
ツァーなので時間がなく断念down

Photo

一眼女子の皆さまが、水の流れをいろんなふうに撮らはるので、
アップで撮ったりしたけど、変わらず。
やっぱりシャッタースピードとか変えなアカンのやろなぁ。
アタシにはムリっす。

16

終点まで行って、お昼ご飯。ここだけは、あまり食べるところがない、と聞いたので、オプションを頼みました。
お味は「それなり」。ま1000円やし。

それより食事中、お隣に座らはったご夫婦の会話。
(盗み聞きと違うよ。真横で喋らはるんやもん。聞こえる。)

えー、ちなみに、70歳にはまだちょっと、って感じのお二人さん。

「お父さん、今度からあんた一人で行ってな。あたし家で待ってるし。」
「うー。」(←だんな様の返事)

そんな会話は家でしてくれ!

さて、7時頃出港のフェリーに間に合うように、ごはんが終わったら、帰路に着きます。時間きっちりに到着。
 帰りのフェリーは新しくて、ずっとよかった!

V

同じ「二等洋室」でも二段ベッドの配置がうまくしてあって、向かいも空きだったので、まるで個室のよう。

C

船内で食べた、「カニクリームコロッケ」
人生で食べたなかで、5指にランクインのマズさ。

いやぁ、なかなか面白かったよ。二泊三日1万円の旅。

ただひとつ、悔いが残るのは・・・・・・・

バス移動中、トイレ休憩が2回ずつあったんやけど、時間が15分か20分。

 さぁ、この間にトイレを取るか、「ご当地ソフトクリーム」を取るか?

長いこと生きてると、いろんな悩みが出て来るなぁ。

« 神秘の国高千穂二泊三日 前編 | トップページ | マダム in 有馬 再び »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

甌穴って面白いなぁ・・初めて見た。
よっぽど柔らかい石で出来てるんだなぁと思って調べたら
熔結凝灰岩ってので出来てるんだね。火山の噴火で出来たんだぁ!
軽石みたいなもんだから、簡単に抉れるんだね。
高千穂峡の超有名なこの景色!!!
すごいねぇ~、神秘的だよねぇ・・・もっとず~んと大きく載せればよかったのに。
お昼ごはんの蓋付きの画像、茅葺屋根の器が撮りたかったんだね?
(蓋取っちゃったらどってことないご飯の画像になっちゃうもんね)
タイマー撮りの自分・・・ピースするとか笑うとか、どーせひとりなんだからもっと弾けて撮って欲しかったわ。
いい経験したね~、ある意味、羨ましいわ。

結構しっかり満喫してますやんsmile
確かに帰りのフェリーの方がずっと良さげやったね。
帰りは寝れた?
え~~!五本の指に入る不味さの、クリームコロッケって・・・
そんなに不味かったんやcoldsweats01

高千穂峡は、私も一度行ってみたい所のひとつやわあ。
高校の修学旅行で、やっぱり南港からフェリーで九州に行ったんやけど
高千穂峡は行ってへんねんなあdespair

ほぼ一周したんやけど。

うちの娘が九州にハマって、何回も行ってるわ。
温泉が夫婦そろって大好きなもんでcoldsweats01

こんな一人旅も面白いねnote

すもも母ちゃん、へーぇ、「甌穴」ってそんなんやったんや。知らんかった。
行って見ておきながら・・・・・・・
なんせ、どっち向いても絶交の絵になるポイント。
カメラ女子にはたまらんとこやと思うわ。
母ちゃんとこらへんからは、1万円のツァーは出てへんかぁ。
ちょっと遠いもんね。
で、写真には撮らへんかったけど、天岩戸神社には、天照大神や手力男命(たじからおのみこと)
やらの、セメントで作ったような像が・・・・・・
雰囲気ブチ壊し!!annoy
カニクリームコロッケ、食べて欲しかったなぁ・・・・・think

そうやねん、chobiponちゃん。
あのカニクリームコロッケはみんなと一緒のときに食べたかった・・・・
記憶に残るほどのマズさやってん。(それを、ソースでごまかして食べるワタクシcoldsweats01
フェリーから三ノ宮辺りの灯りがよう見えてたよ。
もっとアホなこと書いちゃえsign01
アタシ、水平線とか地平線見るのが好きやから、期待しててんけど、
船のどっち側のデッキに出ても、街の灯りが・・・・・
そう、瀬戸内海やったから、本土か四国が見えるねんsweat01
生まれて初めての九州が一泊もせんと帰るって・・・・・
ちょっぴり残念。

おば関 さま

 shipいい旅でしたね!

九州へは今までに高校の修学旅行、新婚旅行、最近の
フルムーン旅行fullmoon(2回)の4回行きましたが、高千穂峡へは
行ったことがありません。

camera渓谷、滝、絶壁など神秘的で美しくって素晴らしい所ですね!
神様が降臨されたのは納得ですsun
次の九州旅行bullettrainshipには是非高千穂峡を訪れたいです。

一人旅で、二泊三日1万円プラスαで、いろんな体験ができる旅を
されるなんて、学生時代のような若々しい感覚ですbudheart04
見習わなくっては・・・。

タイマー撮りのお写真、大サービスですね!
私には、おば関さんがモザイクshadowcameraなしと同じくらい
はっきりと見えていますよ~~~!

heart02次のブログ待ち遠しいです(^_-)-☆

big-matsuoさま、フルムーン旅行に二回も行かれてるなんて、
ラブラブですねheart04ひとりモノは友達の都合がつかなくなると、
しょうことなしに、一人旅です・・・・・
いや、それはそれでまた、面白いのですが。
なんか日本のいろんなとこに、
「ここが天岩戸」ってとこがありますが、
確かに高千穂は神秘的な雰囲気がありました。

もう一度九州はどうしても行きたいところです。
はい、それは鹿児島の名物、かき氷の「白熊」を食べるためsign03

九州新幹線で行ったら、日帰りで帰ってこられるでしょうかね?
でも高~い、「白熊」になるなぁ・・・・・・・ng

私も九州が好きで何回も行ってみたくなるねん~

まだ行った事ないところも一杯あるしぃ
高千穂峡は以前から行ってみたかったところやねん
なんとも言えへん雰囲気があるよねぇ

おば関さんは駐車場から下りで帰りはマイクロバスに乗ったでしょう
私は奥の駐車場から下って行って戻るのにまた上ってしんどかったけどこの風景を見られただけでも満足やったわぁ~

もしも都合が合えば「白くま弾丸ツァー」一緒に行きまっせ~

鹿児島は私の故郷でっせ~

トイレ休憩は先にトイレに行ってバスに戻る時ソフトクリームを買って乗るねんでぇ~( ̄ー ̄)ニヤリ

おば関ちゃんは九州初めてやったんや。
私は中学で北九州、高校で南九州に行ったけど、高千穂は行ってない。
修学旅行で一番感動やったんはやっぱ雄大な阿蘇。
九州は二度も行ったしあまり興味はなかったけどここはええなぁ。
すもも母ちゃんも書いてるけど、もっと大きく写真載せたらええのに~。
この有名な滝の所、ボートに乗って自由に行けるんやね。
もし下手くそやったら幅の狭いところでぶつかったりせえねんねやろか
と余計なこと考えてしもた。

そういえば私、フェリーで一泊ってしたことないわ。
うちのだんなは修学旅行はサンフラワーで九州やったらしい。
学生やから雑魚寝で酔ったらしいよ。


あっ!そうや、RUNさんは「かごんま」のお人やった!
完全に関西弁なんで、忘れてしまうsweat01
「白熊」美味しいよねぇ。ワタクシ、愛しております。heart02
たま~に、某デパートの物産展に出さはるときは必ず食べに行きます!
ミニのほうやけど・・・・・・・レギュラーサイズはこのアタシでも
「う~ん、どうかなぁ?」って思うほどデカいし。

行く行く!鹿児島。行ったことないし、案内してくれ~。
弾丸でもフェリーでもなんでもええけど、
「青春18切符利用」はかんべんsweat01

beちゃんは修学旅行、両方とも九州やったんや。
アタシは中学が浅間山とかの関東で、高校が東北やった。

九州はええとこいっぱいあるし、ウチのおっかさんは大好きで、
天草やとか、五島列島やとか、ハウステンボスもいろいろ
行かはったわ。

アタシも阿蘇山は見たい!up

あんまり、どこ撮っても絵になるような素晴しい景色のとこって、
かえって、どこ撮ったらええのかわからんようになる・・・・・coldsweats01

おば関さん、こんにちはpaper
いや~、写真すごくいいですよsign03
神秘の国を十分伝えてはりますsign03

強行軍の旅行のようですが、満喫されている様子が伝わってきます。
バスの往復4時間が、意外とよかったのかなsign02
今度はゆっくり行ってみてくださいね。

私も、行くぞぉ~sign03ぜ~ったいにぃsign03

kiramamaさま、確かにナニか神秘的な雰囲気のあるところでした。
時間があればボートに乗りたかったんですが・・・・・think

バスはね、一度だけ、バスツァーに一人参加したことがあって、
そのときは、2席を一人で使わせてくれはったので、期待してました。

ところが今回は総勢42名sign03
ぎっちり満員で、アタシの隣もおばさまが。
ま、ほとんど寝てたし(アタシ乗り物の中では寝台でも寝られなのですが
何故かバスは乗ったとたんに寝てしまいますsleepy振動がカラダに合うのか?)
気になりませんでしたが。

はい、今度機会があるときはもう少しゆっくりしたいです!

こんにちはhappy01
往復船泊、バス往復8時間coldsweats02
おば関さんワタシより体力あるわ~~と思いながら最後のセルフの写真を見て納得。
ワタシより全然若さがみなぎっておられますなぁshine

高校の修学旅行で九州をほぼ1周して帰りは船でした。が、熊本あたりで体調が崩れ高千穂の時には熱を出し同行した保健のセンセの判断で見学できずバスの中で白目むいて寝ておりましたcryingこの景色見たかったのになぁ。。。

この景色いつかは見たいと思うのですが・・・いつになるやら。
船室明るくてきれいなんですねぇwinkウチらは“団体”てこともあったんだろけどウス暗くて
“雑居房”みたいでしたsweat01しかも台風並みの低気圧にぶつかり。。。失神寸前でしたshock

いやぁ、さよさん、ようおこし。
アタシはねぇ、自慢じゃないけど「体力」も「精神力」もありません!キッパリrock
初めて柴母の会に参加させてもらったとき、「ここは軍隊か!crying
と思いましたもん。
その強行スケジュールを平然と楽しみながらこなす、
○○母ちゃんや、○○ponさん、などなど・・・・・・・

みんな身軽やもんなぁ。物理的に・・・・・・

高千穂、残念でしたね。
是非、行ってみて下さい。ってわんこ連れでは遠いなぁ。

フェリーの「二等船室 和室」ってのがソレやわ。
畳の部屋にみんなで雑魚寝。
その次の「二等船室 洋室」ってのが
アタシの行ったツァーの船室です。
窓もないし、エンジンが響くし、寝られませんでした・・・・・down

ひょえぇぇsadコメント入れたつもりやったのに。
出遅れもええとこやわ。

なんでアタシを誘ってくれへんねんpunchって思たけど、
今回は無理やったわぁ。

高千穂。近所まで行っておきながらよぉ行かへんかったとこやん。
子供のころから何回か九州には行ってるねんけど、
ここは行ったことがない。
是非行きたいわぁぁ。RUNさんとの弾丸ツアー。アタシも行くぅぅぅheart02

おひとり様でも十分満喫してはるねぇ。
アタシ、、、一人旅ってしたことないねん。
まぁ喫茶店も一人で行ったことないから仕方ないけどさ。

ねぇねぇボート乗りたかったって一人で??
さすがにそれは寂しいやん(笑)って突っ込んだわ。

ma-saちゃん、もちろん真っ先にアタマに浮かんださ。
「仕事中毒」でなかなかお休みとらへんma-saちゃんが・・・・smile

でもムリなんはわかってたから。
カミサマが降りてきはったとこ、って思わせるような絶景やったよ。
何回も九州行ってるんや。
アタシは海外は15回くらい行ってるけど、国内はぜんぜんsign01
オカンが足腰の丈夫なうちに遠いところから行け!って言うもんやから。

そろそろ国内になってきそう・・・・sweat01
ボートねぇ。
アタシとバランスの取れる重量のヒトがいたらねぇ・・・・・・

 おば関 さま

  4月21日~23日に「神話のふるさと『高千穂峡・国東半島』と
 『湯布院・黒川温泉・阿蘇山・熊本城』3日間の旅」に夫婦で行ってきました。

 おば関さんのこのブログ記事を読んで、どうしても行ってみたかった
 『高千穂峡』を組み込んである「クラブツーリズムの旅」のパックに参加しました。

 高千穂峡は最終日の朝一番に行きました。
 「高千穂峡・真名井の滝」はお写真のとおり神聖で神秘な気配が漂っていて、
 生命力いっぱいの新緑の中でたっぷり神話のふるさとを楽しんできました。

 写真も比較的たくさん撮ったのですが、このブログの写真のようには
 うまく撮れませんでした。

 行きは下り道なので上りの帰り道が心配でしたが、高千穂峡付近のお土産店などが
 団体客相手?に5分おきくらいに無料のマイクロバスを出してくれていたので
 助かりました。

 1日目の午前中(新幹線のなか)と3日目の夜(新幹線とタクシーのなか)以外は
 天候に恵まれて、一回も傘をささずにすみ、いい旅ができました。

  (2日目の午後にはロープウェイに乗って阿蘇山の火口も見てきました。
 これも、ロープウェイの乗り場に着く直前まで火山ガスが活発で、ロープウェイは
 運転されていなくて、代わりに乗り場近くの阿蘇博物館へ行くことになっていましたが、
 バスが博物館に着く直前に運転が開始されたので火口が見えるところまで
 行けました。
 ラッキーでした。)

 旅行や御馳走など、これからもどんどんブログに載せてくださいね!
 見るだけでも楽しいし、今回のようにおおきな動機づけにもなるかも
 しれませんので。
 いつも活きた情報提供有難うございます。
 これからもブログの記事楽しみにしています。

                       big-matsuo leo 
 
 

 

big-matsuoさま、クラブツーリズムは評判いいですねぇ。
他の似たようなツァーより、少し高めですがアタシの周りでも人気があります。

行き帰り新幹線ならラクでよかったですね!
高千穂は「天孫降臨伝説」が出来たのがうなづけるような所でした。

なんか神秘的でした。

阿蘇山かぁsign03行ってみたいですねぇ!

火口から下が覗けるのかと思ってました・・・・coldsweats01
学校で地理の時間何を聞いてたんでしょうね?sweat01

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1203828/47590108

この記事へのトラックバック一覧です: 神秘の国高千穂二泊三日 後篇:

« 神秘の国高千穂二泊三日 前編 | トップページ | マダム in 有馬 再び »

最近のトラックバック

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ