« 、恒例 夏の京都旅 完結編 | トップページ | 神秘の国高千穂二泊三日 後篇 »

2012年10月21日 (日)

神秘の国高千穂二泊三日 前編

「神秘の国 高千穂満喫 二泊三日」の旅に行って来ました。

さぁ、みなさん、ココロを静めて聞いて下さいよ。

な、なななんと1万円~sign03 それもあの一流の某JTB。

以前ブログ仲間のRさんが高千穂の写真を載せてはったのを見てから、「行きた~い!」と悶えていたおばはん。
 この値段見たら行くっきゃないでしょ。

まるっきりヒマなわけでもないおばはん、いろいろ日取りを考えて、申し込みました。この値段には食事はいっさいついていません。

なぜこんなに安いかというと、ホテルに泊まらないから。
そう、行き帰りともフェリーship利用です。

夕方大阪南港を出て、翌日早朝、新門司港に着きます。
で、その日一日バスbusで、現地添乗員さんに、ガイドさんまで付いて、(運転手さんはもちろんのこと)あちこち観光させてくれはって、この値段。
 どうやって利益だしたはるんやろ・・・・・・・といらん心配をしながらも楽しんできました。

 でねぇ、これを書くとアタシのイメージに傷がつくと思うねんけど、(アタシのイメージって、もちろん理知的なマダムってことやけど)・・・・・・
 フェリーの中の地図を見て、初めて
「あれ?新門司港と宮崎県って、離れてるよなぁ・・・・・」
って気が付いた・・・・・・

 新門司港が5時20分着、って書いてあったので、そんなに早く着いても、まだどこも開いてへんし、たぶん船の中に居られるか、待合室ででも時間潰すんやろ、と勝手に想像してました。

 そしたらさぁ、朝「4時半になりました。当船は時間どうりに到着予定です。」ってアナウンスで起こされた。やっと寝つけた頃やったのに・・・・・weep

 で、到着するなり全員どんどん下船。まだ真っ暗やん!

「はい、皆さまおはようございます。」と現地添乗員さんとガイドさんが迎えて下さいました。

で、「ここから宮崎県の高千穂まで、約4時間です。では出発!」

4時間て・・・・・・知らんかった・・・・・・なんせ安い旅行やから、細かいとこまで書いた旅程も貰ってへんかったし。

 往復8時間バスなのね。往きのバスはほとんど記憶なし!気を失っていたみたい・・・・・・
なんせフェリーであんまり寝られへんかったので。

1 

車がどんどん入って行く。
乗客はそれほど多くはなかったわ。

015

あまりの空の美しさに、何枚も撮っちゃった。

3

4

2等 洋室ってこんなのです。

2_2

二段ベッドが4つ。定員8人の部屋に、4人だけ。
なぜかアタシだけ上段であとの方たちは下段。なんでや?

ま、向かいに誰もいないことになるので、気楽ですが。
帰りのフェリーは新しくて、ベッドも格段によかったです。

 最初は「天照大神あまてらすおみのかみ」の「天の岩戸神社」

 岩屋のところは聖域なので、入れず遠くから見るだけ。草木が茂ってしまってるので、どこなんかはっきりわからへん・・・・

8_2 

この、白い紙を切ったものは、「えりもの」と言って、ひとつずつ切り抜いて作るそうです。

6_2

こんなの初めて見たわ。

5_2 

もう、おばはんの住む地域では見かけることがなくなった、
「稲架
はさ」稲穂の自然干し、とでも言いましょうか・・・・・
 最近は機械干しらしい。
 灯篭の上にいい具合に苔のついたふくろうさん。

 少し歩いて、神々が寄り集まって相談しはった河原へ。
どうやって、天岩戸を開けるか、って相談やろね。

041horz_2

大きな 洞窟があって、雰囲気よし。中から見たところと、外から。

029horz

9_2

えーと。ここはねぇ、次に行ったとこなんやけど、名前忘れた・・・・・・
ちいちゃいちいちゃい神社。

で、このあと、高千穂に行きます。              続く

« 、恒例 夏の京都旅 完結編 | トップページ | 神秘の国高千穂二泊三日 後篇 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

待ってましたでぇ~!

九州は何度行ってもエエ所やって思います。
私が行った時は大分に着くフェリーだったけどそれでも宮崎は遠かったわぁ~
でもでも行って良かったでしょう~♪
私も以前から行きたかってん!

熊本の外輪山を眺めながら南阿蘇の風景もステキだよ~

写真も一杯撮ってきたねぇ\(^o^)/
夕焼け?朝焼け?どっちにしても綺麗~♪

次も待ってま~す(^_-)-☆

あの有名な景色が拝めるかと思ったら・・・
・・まだなのねgawk
フェリーの狭いお部屋は、なんだかワクワクするわ~
同室の人たちとオハナシしたの?
バスで片道4時間coldsweats02
ま、眠っていけたんならよかったのか。
「えりもの」って初めて聞いたし、初めて見たわ。
切り絵? これも神聖なナニカなんだね?
洞窟もワクワクするわ~
綺麗な空って、うんうん、わかる、何枚でも写真撮りたくなっちゃうよね。
つづき、楽しみにしてま~すheart02

RUNさん、この旅行はRUNさんのおかげで行けたんよ。
高千穂の写真、見てからあー、ホンモノ見たい~up、と思って。
なんか不思議なとこやったね。
絶景はいろんなとこにあるけど、雰囲気がなんて言うか・・・・・・・
うまく言えへんとこが「神秘の国」なんかな。
新幹線でピューって行って、ホテル泊まって、やったらいくらかかったやろ?moneybag
フェリーは面白かったわ。
ただ、もうおばちゃんなので、個人で行くとしたら、部屋はもうちょい上のランクにしますがcoldsweats01

母ちゃん、RUNさんのコメントには個人で行くならもうちょっといい部屋にする、
って書いたけど、これはこれですっごく面白かったよ。
ま、あたしゃなんでも面白がるねんけど。

オハナシしようにもなにも、あぁた、9時になったら、カーテンぴちっと閉めて
寝てしまわはったsign03

9時に寝るって・・・・・
聞くとはなしに、耳に入ってくる話を聞いてると、
みなさん、こういうフェリー利用の旅に慣れてはるようでした。
乗船するなり、お風呂にどっと繰り出さはるし、
「こんな早くからお風呂入ってどうすんのよ。アタシは寝る前に入ろうっと。」
と思って、遅くに行くと・・・・・・・
わかった。
大きなガラス窓で、海を見ながらの「展望風呂」やってん。
あたしゃ真っ黒でなんにも見えんかった・・・・・・weep

朝、4時半に起こされる、って知ったはったんやなぁ。

おば関さん、こんにちは。
九州・高千穂・・・・
私も行きたいぃ~~~~~。
(いうばかりで腰の重い私wobbly

八百万の神様たちのいらした場所。
相談するあたりが、人間臭くていいですね。
日本の神様は、いろんな面で親しみやすい気がします。

「えりもの」すごいですね。私も初めてみました。
風景の写真からもうかがえるけど、少し私たちの辺りとは違う空気がただよってそうsweat01
神々のおわす地域なのですねsign04

kiramamaさま、これはお買い得でしょう?
1万円ですよ、1万円!(しつこい・・・・sweat01
フェリーはね、わんこも乗れるんです。
まぁ、客室ではなく、わんこ用の部屋に置いてあるケージですが。

お土産もの屋さんに、「えりもの」売ってました。
買おうかな、と思ってよく見ると、「アタシでも作れる・・・・・」
と思ってしまったケチでございます。coldsweats01

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 、恒例 夏の京都旅 完結編 | トップページ | 神秘の国高千穂二泊三日 後篇 »

最近のトラックバック

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ